あごにきび 原因

生理前、女性の体内にはエストロゲン(卵胞ホルモン)という美肌ホルモンが多く分泌しています。
ホルモンは、肌にツヤを与えたり、気持ちを明るくしてくれるホルモンです。
エストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌されると女性らしい体を作り、維持し、妊娠に備えて子宮内膜を厚くする作用があります。
排卵前まではこの美肌ホルモンが多いため、お肌の状態もよく、はつらつとした気持ちで過ごす事ができるのです。

排卵後にはプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が活発になります。このホルモンは体内の水分を保持したり、食欲を増進させます。プロゲステロン(黄体ホルモン)が活発になると下腹部がシクシク痛くなったり、頭痛や腰痛などをもたらす月経前症候群(PMS)と呼ばれる症状に悩む人も多いはず。
この時期は、顔にニキビや吹き出物が多くなり悩んだりしますね。

生理前は、ホルモンのバランスが不安定になり、美肌ホルモンが減少するために肌を守るバリア機能が低下してしまうんです。
バリア機能が低下すると、お肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されてしまうため、ニキビができやすくなるんですね。


できてしまったアゴニキビ、これからできる顎にきびのケアにはこちらがおススメです。↓
|